今日はゴムひもの規格を測っていました。

ゴムひもの幅、伸び率、伸長荷重、ゴムの入率、などいろいろな測定要項があります。

この中で一番大変なのが、ゴムの重量の何%が糸で何%がゴムなのかを測る項目です。

ゴムの中の糸とゴムを分けるために、編んであるゴムひものゴムとゴムの境目をハサミで切っていきます。(わかりにくいですかね?)

そうしてゴムと糸の部分を完全にバラバラにして糸の重さとゴムの重さを測ります。

この作業が精密にして神経を使うので、疲れます!

指先と目に疲労がたまっていきます、いやあドライアイが加速しますねこれ

でもこうやって直に製品に触れることによって一番近いところで製品の勉強することができるんですよね。

ありがたいお話です、もっと製品のことを理解せねば!

日々勉強、邁進していきますー

規格をはかること

2,009 thoughts on “規格をはかること